「ポストが小さすぎて荷物入らない」 配達員を振り回す利用者の勝手な都合、中には再配達で怒鳴られるケースも!?

ポスト小」問題とは?
個人宅にある郵便ポスト(画像:写真AC)
郵便ポスト小」問題とは、個人宅の郵便ポストの問題です。指定が「ポスト」なのに、明らかに入らないものなどです。”
 古くからの知人からの報告ですが、この「小ポスト」問題は、ほんの少しの不便さですが、1日に100個、200個と扱う配達員にとっては、蓄積されて大きな問題になるそうです。
例えば、1日に100個、200個と荷物を受け取る配達員は、「郵便受けに落としていいと言われても、どう考えても本が入らない」と言うことがある。無理にポストに入れると本が傷んでしまうので、留守の場合は結局持ち帰ることになる。
 インターネット通販の中でも、例えばアマゾンは「郵送でのお届け」がデフォルトになっている。その規約通り、Amazon Flexの配達員による配送は、玄関先に荷物を置くことがデフォルトとなっている(Amazonフレッシュを除く)。ただし、Amazonデリバリーサービスプロバイダー(旧配送業者)の場合、業者によって対応が異なる。ヤマト運輸や佐川急便なども、Amazonの商品であっても手渡しや家主の許可が必要です。アマゾンは日本最大の宅配業者ですが、宅配ボックスがない限り、手渡しや郵便受けでの投函がほとんどです。場合によっては、手渡しで、郵便で配達されることもある。
古い家では、玄関の横に横に長い開口部があります。サプリメントの小袋、薄い雑誌、DVD、ゲーム機などであれば、依頼品はその開口部には入りません。だから、『送料着払い』と書いてあっても、物理的に無理なのです。
 これも配送業者によりますが、郵便受けに入るもので、「後払い」と明記されていれば、郵便受けに入れることになります。これは宅配ボックスと同じです。ただし、荷物が入らない場合は、玄関に置かずに持ち帰る業者もあるようです。
荷物が予想以上に厚かったり大きかったりする場合は理解できますが、そのような郵便受けのある家で明らかに厚みがあったり、それなりの量や大きさで「ポスト投函」だったりすると、配達が仕事とはいえ、残念に思うこともありますね。
再配達で怒鳴られるケースもある。
個人宅の郵便受け(画像:写真AC)
 また、別の配達員からは、さらに残念な話を聞いた。
不在票の入った荷物を再配達すると、『なんでそこに置いておかないんだ』と怒鳴られることがあるんです。たくさんあるんですよ。古い団地の郵便受けは小さくて、新聞やハガキ、細長い小さな封筒しか入らないんです。エレベーターのない5階まで上がらないといけないとなると、残念なことです。
 一部とはいえ、自分のことしか考えていないお客さんがいるのは本当に残念です。
ポストに入らないから持ち帰るということもあるんですよ」と、あるお客さまはおっしゃっていました。他社ですが、ネコポス便なども小さな郵便受けに苦労しているはずです。”
 どちらのサービスも、小さな荷物や配送を請け負った商品(フリーマーケットやオークションなどの個人間取引サイトのものも含む)だけをポストに届けるというものです。
 しかし、郵便受けに入らない荷物でお客様が不在の場合、配達員は荷物を持ち帰らなければなりません。この “小さな郵便受け “問題は、従来の新聞、冊子、手紙、はがきなどの郵便受けが、”小さな宅配便 “に取って代わられた結果、発生したものです。
“小包 “を郵便受けに入れるサービスが増えました。
これは、個人宅の従来の郵便受けに小包を入れることができるサービスが増えたことも影響しています。
 とはいえ、そうしたサービスを利用するのは、お客様自身です。とはいえ、本稿で紹介した小型の郵便受けに小さな荷物を預けるお客様もいる。自分たちの大切な荷物なのだから、気をつけなければならないし、備えなければならないことである。
 また、元郵便局員の方にもお話を伺いました。昭和の時代から郵便物を扱ってきたベテランである。
昔から郵便受けはあったんですよ」とのこと。個人的には、「小さな郵便ポスト」の3大問題は、「玄関ポスト」「集合ポスト」「アメリカン・メールボックス」だと思っています。