【占い師が解説】タロット占いとはどういう占いなの?

タロットカードで占う方法を「タロット占い」といいます。
西洋占星術や運命の四柱推命は長期的な占術に向いており、タロット占いは短期的な問題の占術に向いていますが、数ヶ月で結果が出るので、取り組んでいる仕事が成功するかどうかは、生産。
タロットカードとは
カードの集まりをデッキと呼び、タロットデッキ(タロットカード)は一般的に78枚のカードで構成されています。 タロットは大アルカナと小アルカナの2種類のカードに分けられます。
大アルカナは22枚のメインカードで、小アルカナは世界を構成する火、地、風水に対応した「棒」「金貨」「剣」「聖杯」の4つのスートに分かれており、と各14枚で構成されています。
逸季先生の占いの評判を見る
これがタロットカードの仕組みです
タロットカード占いは、大アルカナと小アルカナの合計78枚のカードを使いますが、タロットカードの正立・逆さの概念を理解することが重要です。
正位置はタロットカードが正しく見える位置で、逆位置はタロットカードが上下逆に見える位置です。
例えば、一般的に22大アルカナで行われるタロットカード占いで0枚目のフールカードが出てくる場合、正立の場合は自由や始まりといったポジティブな意味を持ち、逆さの場合はネガティブなポジティブな意味を持ちます。逃走、無責任などの意味。 タロットカードの働き方も、潜在意識に答えを求める考え方に基づいています。
顕在意識は約10%、潜在意識は約90%と言われ、私たちが意識していないことが多いのですが、正立・逆立を正しく理解すれば、より深く入り込めるようになります。あなたの潜在意識を明らかにします。 タロット カード システムでは、カードの意味に応じて人の潜在意識を浮き彫りにし、その人の現在と未来を予測することができます。
スートは何ですか
スートはカードを分類する記号であり、スペード、ハート、ダイヤ、クラブの 4 種類のカードのようなものです。