ロシア軍、クリミア半島に移動の兆候 ウクライナ軍が指摘!?

(CNN) ウクライナ軍は14日、ロシア軍がウクライナ南部の一部地域から、ロシアの実効支配下にあるクリミア半島に移動している兆候があると発表した。ウクライナ軍は14日、ロシア軍がウクライナ南部の一部地域から、ロシアの実効支配下にあるクリミア半島に移動している兆候があると発表した。
[動画】ロシア軍ヘリ撃墜、ウクライナが映像公開
ウクライナ軍南部作戦区の報道官は記者会見で、「占領軍が再編成のためにクリミアに逃げていると見ており、理解している」と説明した。軍備が集まることで大きな攻撃目標となるため、対応は今より容易になると指摘した。
これに先立ち、ウクライナ南部ザポリージア州メリトポリ市のフェドロフ市長は13日、ヘルソンからクリミアに入るチョンガル検問所ですでに軍備の列が確認されたと主張した。
フェドロフ氏によると、ロシア兵はガレージに侵入して民間人の車を盗み、ザポリージャ州からクリミアに盗品を輸送しているという。
CNNは、フェドロフの主張も、ロシア軍がチョンガーを通って逃げているという情報も、独自に確認することはできなかった。そのような動きの動画は、SNSでは公開されていない。
親ロシア派は、ここ数日、南部でウクライナの前進は起きていないと主張している。ロシア国防省は14日、南部で攻撃を試みたウクライナ軍が大きな損失を被ったと発表した。