期間工とはなに?稼げるって聞いたけど本当におすすめか解説!

期間工って何?どんな仕事なんだろう?
期間工とは、期間限定で工場で働く人のことで、3ヶ月で100万円以上、1年で500万円以上稼ぐことができます。
工員とはその名の通り、期間限定の工場で働く人のことです。
「期間工」とも呼ばれ、契約社員としてメーカーに直接雇用され、3ヶ月から6ヶ月の契約期間で工場で働きます。
自動車の売れ行きが好調で、大量に生産するために数ヶ月間だけ人手を増やしたいなど、工場が人手を必要とするときに雇われる。
など、一度覚えてしまえば誰にでもできる簡単な作業が多い。
ほとんどの作業員は経験が浅く、短期間で辞めてしまうので、複雑な作業や技術的な作業を任されることはほとんどない。
下図のように、次から次へと流れてくる車のボディにボルトを締め続けるなど、同じ作業の繰り返しが求められる。
期間工は、経験や経歴、学歴に関係なく採用されやすい仕事ですが、それだけ稼ぎやすい仕事でもあります。
下記のようにトータルで年間500万円稼ぐことも可能です。
3~6ヶ月の契約期間終了後、更新するか辞めるかのどちらかになります。しかし、真面目に働いていれば、契約更新される可能性が高いです。
仮に更新されなかったとしても、多くのメーカーがあちこちで期間工を募集しているので、簡単に次のメーカーを見つけることができます。
また、同じメーカーで1年以上真面目に働けば、試験に合格して正社員になれる可能性もあります。
ただし、どんなに頑張っても、同じメーカーで働けるのは2年11カ月まで。
法律上、3年以上雇用されると正社員にならなければならないので、期間限定の工場労働者であれば、2年11カ月が限界といえるでしょう。
正社員にならない場合は、2年11カ月で辞めなければなりません。
期間工は短期の仕事であり、最長で35ヶ月しか働けないので、生活は安定しません。体を壊すなどして働けなくなると、契約は更新されず、職を失うことになります。
また、時給制のため、年末年始やゴールデンウィークなど、工場が長期休業する月は賃金が低くなります。
さらに、工場や部署によっては、後述するように重いものを持ったり、きつい肉体労働をしたりと、肉体的にきつい仕事もあります。
下のサイトではおすすめの期間工メーカーや経験者が感じた注意点などを解説しています。
おすすめの期間工を選ぶなら
ぜひ期間工応募の参考にしてください。